いくら政治に鈍感でも、何か胡散臭いと映るときがある

いつものことですが、ターミナルで競争法案、憲法改悪、アベ政治反論のビラ配りを見ました。シニア年齢が多いように見える。そして常に反論パワーの所感はわかりません。反論という所感は、ネックを解決するのでしょうか。右側とか左側とかで区分けすれば、シニア年齢の多くは左寄りの指南を受けていらっしゃる。安泰憲法の表号は憲法第9条、競争見切りは国是、中学生の世間の時間に憲法を暗記しました。カレッジに入ると反体制の大学生スポーツがアクティブで、活動しないノンポリでも反体制に肩を持つのが、不謹慎なことに、素晴らしいと思いました。撃滅の先に前向きな縁側が見えないのは不毛だ。それでも反体制の面倒は強烈で熱烈でもありました。今の野党連携にも共通したものを感じます。日本の一安心フォロー、領土警護をどうするか、市民をどうして続けるのか、真剣に相談し道のりを明確に形づくるべき年月なのに、縁側を指し示すことができません。トランプさんの言うことにも一理あります。日本に基地を置いて防衛すると言ったのは米国で、日本の警護がアメリカの警護に変わるというのがお天道様USA安保のキーポイントだ。それをもっと見直すべきだとトランプさんは言っているのです。トランプさんが大統領になれば、こういう手答えはアメリカの国是だ。悪くはないと思います。沖縄基地返済が実現するかも知れません。普天日にちも辺野古のネックも不幸な暴行出来事も干上がるのです。憲法修正、自衛隊のネックは、本来は日本の一安心フォロー、国防使命が定まれば解決する問題です。これらのネックにシニア年齢は始終目をつぶってきました。駄目とされてきたことに触れられるためアレルギー調和もあります。しかし、時代の潮目は変わりつつあるようです。ただ専ら競争法案反論、憲法改悪反対を働きかけるリアリズムを欠いた手答えは不毛だ。じゃあどうするのという重要なネックを置き去りにやるからだ。遅かれ早かれ市民は重大な感情を迫られるかも知れません。これから腹を決めておかないといけないようです。キレイモ 9500円 無料

豆バスケットボールの形態戦視聴について

娘のチームのミニバスケットボールの公式戦があり、昼過ぎから2ゲーム視線を見に行ってきた。娘は2年生だから、出れないかもしれないが、1学年上の3年生で天命が楽しみな子がいるので、ムズムズしながら見に行ってきた。その3年生が、6年生相手に一歩も引かず対応しているのがすごかった。殊更ディフェンス。ボールを簡単に持たせないし、万が一ボールを持たれても、ダメージをかけまくっていた。抜かれても、足が速くすぐに追いつきまたダメージディフェンス。高学年になった時にどれだけうまくなっているのが楽しみになった。ゲームは、負けてしまった。1ゲーム視線も負けてしまったので、これで敗退です。惜しくも高学年生が活躍していただけると強くなると思った。なにか確信なさげにプレイしているのが非常に気になった。セルフィッシュなゲームは決して褒められたものではないが、彼たちは、内心がなさすぎる。尚更僕を信じて、強気に攻めてほしいと思った。娘は出場機会がなかった。幕開けがあるのは来季以後かな。今はベースをバッチリ見に付けてほしいものである。